塾比較

2017年度合格実績比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、お子さまを通わせる塾を何で決めますか?

 

選ぶ基準はいろいろあると思いますが、合格実績は塾を選ぶ時の大きな要素のひとつではないでしょうか。

今回は、5つの学習塾の東海地区中学受験合格実績を比較します。

この記事が塾選びの参考のひとつとなれば嬉しいです。

 

今回は以下の3ブロックに分けて占有率を見てみようと思います。

上位校:偏差値60前後(東海、南山女子、滝)

中堅校:偏差値50前後(海陽、名古屋、南山男子、愛知淑徳、高田)

一般校:上記以外の学校

 

名進研

名進研2017年度合格実績

こちらの東海地区のべ合格者数は2824名です。

東海地区合格者数No1の名進研。圧倒的な合格数ですね。

 

上位校の占有率:472名の合格で全体の約16.7%

中堅校の占有率:766名の合格で全体の約27.1%

一般校の占有率:1586名の合格で全体の約56.2%

 

日能研

こちらの東海地区のべ合格者数は1565名です。

名進研に次ぐ合格者数の日能研。海陽の合格者数は他地区からの受験も含まれていると思います。

 

上位校の占有率:317名の合格で全体の約20.3%

中堅校の占有率:542名の合格で全体の約34.6%

一般校の占有率:706名の合格で全体の約45.1%

 

浜学園

こちらの東海地区のべ合格者数は385名です。

東海地区の合格者数はそこまで多くない浜学園。ただ、占有率は・・・

海陽の合格者数は他地区からの受験も含まれていると思います。

 

上位校の占有率:110名の合格で全体の約28.6%

中堅校の占有率:199名の合格で全体の約51.7%

一般校の占有率:76名の合格で全体の約19.7%

 

京進

京進2017年度合格実績

こちらの東海地区のべ合格者数は485名です。

合格校の中で滝中学校の合格者数が一番多い京進。近畿からも受けに来るのかな?

 

上位校の占有率:111名の合格で全体の約22.9%

中堅校の占有率:106名の合格で全体の約21.9%

一般校の占有率:268名の合格で全体の約55.3%

 

野田塾(中学受験部)

野田塾2017年度合格実績

こちらの東海地区のべ合格者数は91名です。

中学受験部は野田塾千種校の1校舎なので合格者数だけで比べるとどうしても見劣りしてしまいますが・・・

 

上位校の占有率:11名の合格で全体の約12.1%

中堅校の占有率:24名の合格で全体の約26.4%

一般校の占有率:56名の合格で全体の約61.5%

 

参考資料としてご覧ください。

2017年度 東海地区合格実績一覧

 

 

上位校の占有率を比べると、浜学園が高いことが分かります。

東海、南山女子、滝を目指される方は候補の一つとして見ておきたい塾ですね。

 一般校を考える場合は名進研、京進、野田塾

無理に上位校を目指していない場合は名進研や京進、野田塾を候補として見ておくと良いでしょう。

 まだ志望校を決め切れていない方は日能研

上位校の占有率も高く、どの層にも多くの合格者を輩出している日能研は、まだ志望校を決めていない方には一番対応しやすい塾ですね 。

  

今回は合格実績の占有率で塾比較をしました。

ただ、気をつけていただきたいのは各塾で状況が異なるということです。

名進研は東海地区メインの塾に対し、日能研は全国展開している塾です。浜学園や京進は関西地区が強い塾ですね。

例えば、海陽中等教育は全国の受験生が受験をする学校です。

ですので、全国展開している日能研は数が伸ばしやすい訳です。

 

また、教育方針や教材、教室の雰囲気なども塾を決定する大きな要素となります。

あくまで参考として見て頂いて、塾を見に行くきっかけになると嬉しいですね。

 

 

2018年度の合格実績比較記事はこちら

2018年度合格実績比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学習相談お申込み

成績がなかなか上がらない方


学習方法に不安をお持ちの方


無料の学習相談で相談してみませんか?


お申込みはボタンをクリック。


また、電話でのご相談も受け付けております。


学習相談申込み

コメントを残す

*