教育、学習について

コーチングで自立を促す~実践編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は「コーチングで自立を促す~心構え~」についてお話ししました。

今回は、「では実際にコーチングをどのように行えばよいか?」という実践的な内容について要点を挙げていこうと思います。

 

そもそも、コーチングとは

お子さまと対話しながら、子どもの自立を促し、能力を高める対話術

のことでした。

ですから、今回はこの「対話するうえでのポイント」を挙げていきます。

対話するうえでのポイント

<話し方編>

・沈黙

お子さまが予期せぬことを発言した場合(例:塾をやめたいなど)に、すぐに発言することはやめましょう

そのように発言した原因をおさえて、最善の解決策を見つけることが一番の課題です。

親が発言することによって、子どもが畏縮してしまう可能性があり、本当の原因を捉えることが難しくなります。

少し間をとることを心がけましょう。

そして、その間に話の展開をイメージしておきましょう。

 

・くり返し

少し間をとったら、「塾やめたいの?」とくり返します。

これをすることによって、子どもに話を聞いていることのアピールと、子ども自身に自分の気持ちを認識させる猶予を与えます

そして、子どもが話し出すまで待ちましょう。

この後、子どもが話してくれることは本心である可能性がかなり高いです。

 

・提案

子どもが話した原因について一緒に考えることを提案します。

ただ、解決策は基本的に子どもが考えるようにします。

あくまで親は、子どもが考え、発言することへのサポートをするという姿勢に徹します。

これをすることにより、考える習慣が身につき、自立へと促されていくのです。

 

・尊重

子どもが考えた解決策はできる限り尊重しましょう。

中には、現実的に難しい解決策や、非人道的な解決策を言い出すかもしれません。

そのような場合も否定するのではなく、出来る限り多くの解決策を考えさせ、子どもに一番良いと思うものを選択してもらいましょう

その際、選択した解決策を実行した場合、どうなるかについても子ども自身に考えさせるとより良いです。

 

・励まし

原因を解決するのは子どもです。

ただ、「一緒に解決しよう」という姿勢を持ちましょう。

必ず最後は、子どもを力づけ、見守っていることを伝えましょう。

 

<聴き方編>

・視線

コーチングだけでなく、普段の会話の時も、子どもが「聴いてほしそう」な話には必ず視線を合わせて聴くようにしましょう。

同じ相づちであっても、視線を合わせている場合と合わせていない場合とでは、相手に与える印象は大きく異なります。

 

・表情

話を聴く時は、どんな話の内容であれ、やわらかい表情を意識しましょう。

やわらかい表情は相手に安心感を与え、本音を引き出しやすくなります

 

・身ぶり、手ぶり

大げさにやる必要はありません。

ただ、腕を組みながら話を聴いたり、足を組みながら話を聴くことは、威圧感を与えるので気をつけましょう。

 

・声

声は臨機応変に変えます。

相手の気持ちにあった表現にしましょう。

相手がうれしそうな場合は、こちらもうれしそうに。悲しそうな場合は、こちらも悲しそうに。

ベースは声の表現を相手の気持ちとシンクロさせ、安心感や共感を得ましょう

 

 

何度も書いていますが、コーチングとは

お子さまと対話しながら、子どもの自立を促し、能力を高める対話術

のことでしたが、根本は相手を安心させ、本音を聞き出し、自己解決を促す聴き方をすることです。

基本的にこちら側はあまりしゃべりません。

子どもが現状の問題に改めて気づき、考え、解決していくことをサポートするのが最大の役割となります。

あくまで、子どもが主役であり、我々はその主役を引き立たせる脇役のような対話がイメージかもしれません。

 

コーチングを意識した対話を行っていくと、お子さまが段々と変化していくのがわかると思います。

お子さまがより良く成長していけるよう、是非参考にして頂けたらと思います。

 

 

前回の記事

コーチングで自立を促す~心構え~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学習相談お申込み

成績がなかなか上がらない方


学習方法に不安をお持ちの方


無料の学習相談で相談してみませんか?


お申込みはボタンをクリック。


また、電話でのご相談も受け付けております。


学習相談申込み

コメントを残す

*