ブログ

<ブログ>名進研と日能研の合格実績

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、自学支援教室のくどうです。

 

受験期間の時、自学支援教室のHPは、1日300アクセスくらいでした。(現在は、100アクセスくらい)

たくさんの方がHPを見てくださっているようで、うれしく思います。

いつもご覧になってる方、ありがとうございます。

 

ただ、コメントがあまりありません。

ここのコンテンツは、みなさんのお役に立っているのでしょうか?

私も他の方のHPにコメントをあまりしないので、みなさんも同じなのかもしれませんが、コメントいただけるとありがたいです

と言っても、2018年度受験の方々はもう見てないのかもしれませんが。

 

さて、前回は名進研・日能研・浜学園の2018年度の合格実績の一覧のコンテンツを作成しました。

2018年度合格実績比較

この一覧から、私が思うことを綴っていこうと思います。

 

今回のトピックは、なんと言っても南山女子の合格者数でしょう。

ついに、日能研の合格者数が名進研の合格者数を上回りました。

ですから、南山女子について書きますが、東海中学も同じ感じです。

南山女子の合格者数は、2017年度が175人、2018年度が177人で2名の増加でした。

 

その中で、日能研の受験生の合格者数は、2017年度が44人、2018年度が58人で14人増えています

そして、浜学園の受験生の合格者数は、2017年度が14人、2018年度が15人で1人ですが増えています

それに対し、名進研の受験生の合格者数は、2017年度が69人、2018年度が48人と21人減っています

 

名進研の生徒数自体が減っていることは事実ですが、ここで本音を言うと

日能研ががんばったというよりは、名進研の合格力が弱まっているということです。

 

昨年度、名進研から合格した人数を、今年は日能研、浜学園、その他の塾が持って行ったということですから、他の塾ががんばったと言うよりは、名進研が伸びなかった分、日能研をはじめとする他の塾に合格が流れていったと見るのが自然でしょう。

これは、東海中学でも言えることです。(浜学園も下がっていますが。)

 

このままだと、名進研の実績は来年度も下がってしまうでしょう。

実際に、名進研に通っている子の保護者の方々が戸惑っているようです。

ですから、名進研は何か対策を打ってくるはずです。

どんな対策をしてくるか楽しみですね。

 

少し宣伝

自学支援教室は、いろんな塾の生徒が集まる場です。

他塾の動向が気になる方

当教室で一緒に受験の学習をしませんか?

受験には情報も大切な場面があります。

きっと、新しい発見があると思いますよ。

 

それでは、また来週もよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学習相談お申込み

成績がなかなか上がらない方


学習方法に不安をお持ちの方


無料の学習相談で相談してみませんか?


お申込みはボタンをクリック。


また、電話でのご相談も受け付けております。


学習相談申込み

コメントを残す

*