ブログ

<ブログ>学習する意味づけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、自学支援教室のくどうです。

 

私は学生のころ、強制的な勉強(学校の授業、宿題等)があまり好きではありませんでした。

学ぶことが最初から決まっており、同じことをみんなが学び、それがどれくらい定着したのかをテストで優劣をつけることにずっと疑問を抱いていました。

それは、中学受験の学習コンサルタントとして活動している今も変わりません。(勉強を否定しているわけではありません)

 

ですが、私は学ぶことは好きです。

今、学んでいることは

学習コンサルタントとして:コーチング、心理学、脳科学など

教科に関して:国語、算数、社会、理科の指導に関して

経営に関して:マーケティング、SEO対策、コピーライティングなど

趣味:ファイナンシャルプランナー、投資など

この辺りですかね。

これは、自分が必要だと感じて学び始めたものばかりです。

もちろん、知人からのアドバイスから学び始めたものもありますが、最終的には自分に必要だと判断し、学んでいます。

 

また、日ごろから気になったことはすぐに調べるようにしています。

例えば、インスタントコーヒーをおいしく淹れる方法

これは調べました。

いろいろあるようですが、私が学び、実際にやっているのは

カップにインスタントコーヒーを入れ、水で溶かしてからお湯を注ぐ

という方法です。

理屈は、コーヒー粉にはデンプンが含まれているため、お湯で溶かすとデンプンが固まってしまい、粉っぽさが残るから

とのことでした。

 

今は、分からないことがあればすぐに調べることが出来ます。

学習する環境としては、とても恵まれています。

ただ、情報過多なので、正しい情報を見分ける「目」は重要ですが。

 

で、何が言いたいのかというと

学習をする時に、なぜ国語や算数などを学ぶのか疑問を持つ子がいます。

また、それを学習することが当たり前で、疑問すら抱かない子もいます。

このような子たちは、総じて自分から学習に取り組めなかったり、取り組んだとしてもなかなか身にならなかったりします。

 

大切なことは、「自分に必要なこと」と認識することです。

どんな理由でもいいのです。

今なぜ国語を学習するのか?

「志望校合格に必要だから」「国語ができるようになりたいから」「国語がおもしろいから」

このようなことでいいのです。

子ども自身が、自分に必要だと認識していれば。

 

「やりなさいと言われたから」「宿題で出たから」「周りがやっているから」

これでは自分に必要だと認識していないですよね。

 

この学習する意味づけはとても大切なことです。

お子さまの意味づけをサポートしてあげることが出来れば、学習がより良い方向に進んでいくと思いますよ。

 

また来週もよろしくお願いします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学習相談お申込み

成績がなかなか上がらない方


学習方法に不安をお持ちの方


無料の学習相談で相談してみませんか?


お申込みはボタンをクリック。


また、電話でのご相談も受け付けております。


学習相談申込み

コメントを残す

*