教科別対策

算数という教科について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、「算数とはどのような教科なのか」について考えたことがありますか?

 

ここ近年の中学入試の算数は、難解な問題が多く出題されています。

そもそも、中学入試の算数が解けなくても、普段の生活では何ら困ることはありません。

ですが、各中学校はそれぞれ難解な問題を出題し、子どもたちは、その問題を解けるようにすべく、学習に取り組みます。

このコンテンツは、算数を学習するにあたり「算数とはどのような教科なのか」ということを考え、算数という教科について知ってもらうコンテンツです。

最後までご覧いただき、算数を学ぶ醍醐味を感じて欲しいと思います。

それがきっと、日々の学習に取り組んでいくための役に立つと思います。

 

算数と言っても「小学校の授業で学習する算数」と「中学受験の算数」そして、「中学で学習する数学」は、数や式を扱う点については同じですが、求められているモノが根本的に違います

  

小学校の授業で学習する算数とは、言わば「一般常識」に近い内容ですね。

これから成長し、社会生活を送っていく中で身に着けておかなければ困ることがらや、中学以降学習する数学の土台を学習します。

ですから、複雑な内容は扱わないですし、先生の教えの通りに解けば解けるようになっています。

  

また、中学で学習する数学は方程式がメインとなってきます。

分からないものや求めたいものをxやyなどの文字を使って式を組み立て、あとはひたすらに計算をするというのが中学数学の多くを占めます。

ここで必要になってくるのは「処理能力」「効率の良さ」であり、このような力が養われていきます。

  

では、「中学受験の算数」で求められる力とは何でしょうか?

 

それは、「思考力」「問題解決力」であると考えます。

 

近年の入試問題を見てみると、「塾のテキストに載っている問題」や「市販の参考書に載っている問題」が出題されるケースは減ってきています。

これは特に、上位校ではより顕著です。

もちろん、塾や参考書で学んだことを使って解くのですが、「学んだことをどのようにして使うのか」を試されている入試が多くなってきていると感じます。

 ですから、小学校の授業で学習する算数の延長線上で、「意味を理解せずに解法をただ真似ている」学習や、中学で学習する数学のような「式などに頼り処理しようとする」学習では入試問題は解けなくなってきているのです。

まず、このことを理解しておいて欲しいと思います。

 

では、どのように学習していけば良いのかですが、

上記のことを踏まえた上で、「本質をおさえようとする姿勢」「自分自身で考える環境」が必要であると考えます。

  

まず、本質をおさえることについてですが、

問題の解き方を覚えることも必要な時はあります。

ですが、「本質をおさえていれば自ずと解法は見えてくるもの」が算数だと思います。

この本質を理解しようとして勉強に取り組んでいる子が、ことのほか少ないと常々感じます。

この意識を変えることによって、一般的に言われる「応用力」が養われていきます

 

では、具体的に本質って?という話になるのですが、

難しいですよね。

今日から出来る一番簡単なものは

「授業の冒頭」「参考書の初め」です。

 例えば、割合だったら

「割合とは〇〇〇」というところですね。

もちろん、〇〇〇のところはテストや入試では出題されないでしょう。

だからでしょうか。これを軽視している子が意外と多いのです。

問題が解ければ良いと・・・

 

本質をおさえて問題が解けることと、ただ問題が解けることは雲泥の差だと思ってください。

ここから初見の問題が解けるかどうかが分かれているのです。

お子さまは大丈夫ですか?

塾から帰ってきた時に聞いてみると良いかもしれませんね。

 

母「今日何をやったの?」

子「〇〇〇をやったよ」

母「〇〇〇ってどういうものなの?」

これが答えられたのなら第一段階はクリアですね。

 

安心してください。

上記でも話したとおり、言えない子の方が多いのです。

答えられなかった場合は、しっかり復習して言えるようになればいいのです。

そして次回、塾から帰ってきた時に言えるようになっていればバッチリですね。

出来なかったことが出来るようになる。

これも学習です。

  

次に、自分自身で考える環境ですが

どんなに優秀なお子さまでも分からないことは必ず出てきます。

その時に、安易に教え込まないことが大切です。

教え込むことによって人の思考は停止します。

思考力を養うためには、やはり子ども自身が考えることが必要不可欠です。

このことを理解したうえで対応してあげましょう。

 

対応の仕方は

「教える」のではなく、「きっかけを与える」のが望ましいです。

子どもが何に引っかかっているのかを理解し、そこできっかけとなる一言が言えればベストです。

これが難しい場合は、私も質問対応でよく使う手ですが、

子どもと一緒に解くのも有効です。

 

どちらにしても一方向にならないことが大切です。

教え込むことによって、思考が停止するばかりでなく、お子さまが理解しているかの判断も難しくなります。

お子さま自身が手を動かすことによって、理解度も分かりますし、思考力も養われていきます。

  

最後に、中学受験の算数を学習する意味ですが、

私は問題解決力を養うためだと考えています。

中学受験の算数は内容が高度ですが根本は、

与えられた様々な条件を整理し、そこから解法の道筋を立てたり、出題者の意図を考えたり、時には調べてみたりと1つの正解に向けて問題を解決する教科であると考えています。

 

今後、成長し様々な問題に直面していく中で、それを人は乗り越えていかなければいけません。

時には、正解なんて存在しない問題に直面することもあると思います。

そのような中で、算数で培った「問題解決力」が力を発揮すると思っています。

 

きっとそれが算数を学習する意味だと思いますし、中学校側も算数を題材としてこのような力を見ているのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学習相談お申込み

成績がなかなか上がらない方


学習方法に不安をお持ちの方


無料の学習相談で相談してみませんか?


お申込みはボタンをクリック。


また、電話でのご相談も受け付けております。


学習相談申込み

コメントを残す

*