塾比較

2018年度日能研校舎別合格一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このコンテンツでは、2018年度入試の日能研校舎別の合格数をまとめています。

 

まとめた学校は、東海中学、南山女子、滝中学、名古屋中学、愛知淑徳中学、金城学院中学、南山男子、愛知中学、海陽中等教育の9校です。

※一社校、御器所校、浄心校、藤が丘校は判明次第更新します。

 

2018年度 日能研校舎別合格数一覧

全合格数は9校に限らず全ての合格数となります。

 

東海中学、南山女子、滝中学の3校合算の占有率を各校舎で比べてみると

千種校 83/387  → 21.4%

名駅校 40/238 → 16.8%

本山校 33/185  → 17.8%

豊田校 29/157  → 18.5%

植田校 23/129  → 17.8%

刈谷校 14/127   → 11.0%

岐阜校 19/96    → 19.8%

勝川校 3/36      → 8.3%

となります。

 

千種校が一番率が高いですが、これはZクラス(全国最難関中学の合格をめざす受験生のための専門クラス)の合格実績も含まれていることが理由だと思います。

また、勝川校は開校年の受験となったため、合格数、占有率ともに低くなったと思われます。

 

一般的に、全合格数の数が多いほど受験生の数は多くなります。

日能研の場合、

どこかの校舎がよく合格させていて、どこの校舎は合格が全然出ていないという状況ではなく、校舎間での差があまりないと見て良いでしょう。(刈谷校が少し低いのが気になりますが・・・)

 

大規模校のメリットはクラス数です。

多くのクラスを設定できますので、よりレベルに合った指導を受けられることがメリットとなります。

逆に、小規模校はクラス数が減る分、先生の目が一人一人に行き届きやすく、きめ細やかな指導をしてもらえることがメリットでしょう。

占有率で比較すると、若干ですが小規模校の方が上手く機能しているような印象ですね。

 

合格数だけで見ると、大規模校の合格数に目が行きがちですが、小規模校には小規模校のメリットがあります。

今後、塾を検討されている方は、それを踏まえてお子さまの校舎を選択するのも良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学習相談お申込み

成績がなかなか上がらない方


学習方法に不安をお持ちの方


無料の学習相談で相談してみませんか?


お申込みはボタンをクリック。


また、電話でのご相談も受け付けております。


学習相談申込み

コメントを残す

*